NORA Journey BLOG
NORA Journey ブログ

2017

2017.12.27

【阿形聡美】後頭部のうねりを撃退!クセ毛美容師渾身のナチュラルストパー!

どうも。

Webマーケティングディレクター、阿形聡美です。<あたくしの提唱するエロ髪の定義はこちら!>

 

 

前回のブログでも書いておりますが、あたくしは猛烈なクセ毛(天パ)です。

前回のブログはこちら↓↓

クセ毛美容師がストパーをかけようか悩んでいる方の疑問にお答えします。

 

この圧倒的な共感力をもってして、くせっけで悩んでいるお客様の悩みを解消したいと思います!

 

 

<before>

 

今回、記事にご協力いただきましたのは、ちぃさん(仮名)!

ストパーをかけたのは一年近く前。毛先の質感と顔周りの質感が違ってしまっています。

特にお悩みなのは後頭部のクセ後頭部は自分で見えない部分でセットもしづらいので気になるのです。

 

▲これです!!この後頭部!!くせっけの方の多くが後頭部に悩まされております。(あたくし自身も後頭部のクセが一番すごいです。)内側がもじゃもじゃしちゃって恥ずかしいのです。ハーフアップとかできない!

 

▲顔周りには大きくうねるクセがあります。前と後ろではクセの種類も異なります。

 

シャキシャキの縮毛矯正って感じにはなりたくない。。

柔らかくツルンと、地毛のストレートヘアのようにナチュラルに伸ばしたい、、、!!

 

ストレートパーマで重要なことは薬剤選定。

 

来店時の状態だとお客様が自分でストレートアイロンをしていたりするので、クセのジャッジがしきれません。なので濡らした状態でのクセの見極めが重要!!

 

 

ご覧のように濡らしてみるとよりわかりやすいです。濡れているときにも波打つうねりがあります。それに加えてチリチリしてアホ毛のように見えてしまうクセも混合してます。

こちらのクセは軟化しっかり、アイロンスルーでキレイに伸びるクセ。このジャッジをミスるとシャキシャキの縮毛矯正みたいな仕上がりになります。

ナチュラルな仕上がりにするためには、クセの種類を的確にジャッジし、最適な薬剤を選定することがポイント!

 

 

 

バックが特にクセが強いので、2人塗りで後ろから同時に塗布します。

ストパーは薬剤塗布のスピードも重要!!

塗るスピードが遅いと、部分によって軟化のムラが出ます。

 

そして薬剤を流して、アイロンをして、固定するお薬を塗って仕上げれば、、、

 

<after>

 

ツルンツルン!!顔周りの大きなうねりがなくなりました!

 

 

冬場でも暖房で汗ばむとうねってしまう前髪!こちらもナチュラルに仕上がりました♪♪

前髪のストレートは特に不自然になってしまいやすい部分なので、こだわりをもってアイロンを入れます!

 

そして一番気になっていた後頭部は、、、

 

 

この通りツルンツルン!!!

 

 

内側もツルンツルン!!ハーフアップも怖くない!!これなら毎日乾かすだけでキマリます☆

毛先ワンカールだけコテで巻けばオッケーです♪♪

 

今回は正確に薬剤とアイロン操作を施したので、ナチュラルな仕上がりになっています。

ナチュラルにかけることで、伸びてきてもクセの部分との境目が激しく出ないので、日にちが経ってもそこまで気になりません♪

 

 

ブログにご協力いただいた、ちぃさんありがとうございました^^♡♡

 

自分自身がクセ毛で悩んできたので、くせっけの方にはより共感できます。

クセを活かすのもストレートパーマをかけるのも、メリットデメリットはあります。それらをお客様と共有して、どうしていくかを一緒に考えてヘアデザインをしていきたいです。

 

 

年内は30日まで営業しております♪髪の毛をツルンツルンにして、気持ちよく年越しをしましょう!

 

阿形 聡美

関連するBLOG