NORA BLOG
NORA ブログ

2018

2018.02.17

smørプロジェクト – レターポットとは –

こんにちは、プレスの福士です^^

NORAオリジナルスタイリング剤  smør スメール

 

 

より多くの方に smør を知って頂く為に、只今

クラウドファンディングのサイト『CAMPFIRE』にてプロジェクトを掲載中です!

 

「ココロと髪の栄養分。」肌にも使えるスタイリング剤『smør;スメール』

 

 

今回は、このプロジェクトのリターンにある

レターポット」についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

こちらですね。

 

「レターポットでお礼状」

 

今回ご支援頂いたみなさまへ感謝の気持ちを表した手紙を書かせて頂くのですが

それをレターポットを使ってお送っちゃおうという訳なのです。

 

そのレターポットは、弊社社長とも親交のあるキングコングの西野さんが開発された

「想い(言葉)をお金で送るシステム」です。

 

 

「現代はモノで溢れかえっているのに、『贈り物』を断ることが許されない」

 

このような問題を解決する為に考えついたシステムなのだそうです。

 

お誕生日プレゼントや結婚祝い、出産祝いに、入学祝い、入院のお見舞い…etc

何かのタイミングでプレゼント(贈り物)を頂くことや贈ることってありますよね。

 

何かを頂いた時ってとても嬉しいと思う時が多いですが、

正直「これいらないなー」と、せっかく頂いたものの使い道がなかったり

置く場所がなかったり、自分の趣味じゃなかったりすることもありませんか?

逆もまた然り。

あの人何が好きかわからないから、とりあえず私の好きなキムチでもあげようかな。

でも辛いもの嫌いかもしれないしな〜、どうしよっかな〜

が面倒臭かったり。(例えたものの、どんなシチュエーションかよくわかりませんが)

 

 

せっかく貰ったものを要らないとは口が裂けても言えないし、

でも捨てるわけにはいかないから、ベッドの下にしまっておき、大掃除の時にまた悩む。

 

なんかもう、何あげたら良いかわからないから、お金あげた方が貰った側は嬉しいのではないか?

そんな風に思うこともありますよね。

 

 

具体的に西野さんの話でいうと、

西野さんは阪神淡路大震災の被災者で、ボランティアに行かれていたそうです。

本来なら、お腹の空いている方にご飯を提供したり、毛布を配ったり…という作業をするはずが

実際には全国から送られてくる、着ることの出来ない古着千羽鶴処分 にほとんどの時間を割かれてしまったそうなのです。

処分に費用のかかるものもあったり….

本末転倒というか、むしろいらない手間がかかってしまっていたのです。

 

これは、東日本大震災でも熊本地震でも同じ状況だったそうです。

 

もちろん、それらを必要としている人もいますし一概にそれらが全ていらないものだったかどうかは何とも言えませんが

不要と感じている人が「いらない」と言うと

 

せっかく気持ちを込めて送ったのに

あなたたちのことを思って送ったのに

 

というようなバッシングを浴びることになってしまいます。(気持ちはわからないでもないですが、なんだかなぁ)

 

 

先ほどのキムチも、あげるか迷った挙句、あげたとしましょう。

それを貰った人が、辛いものが苦手で他に譲る人もいないし、仕方なしに捨ててしまったら。

その捨てられたキムチをあげた人が見たら、少なからず悲しい気持ちにはなるでしょうね…

怒り出す人もいるかもしれません!

捨てることないじゃん!!!!じゃあ返してよ!!私好きなんだから!!!

とか。

 

 

色々なパターン、シチュエーションが考えられますが

物がない時代は贈り物が相手の幸せに直結していましたが

時代は変わり、物で溢れかえっている今

もはや誕生日やクリスマスに『お金』をプレゼントするのが手っ取り早く、

みんながハッピーになるのでは???と。

 

ただ、西野さんは

贈り物の本当の価値は「贈り物に費やした時間」です。

とおっしゃるのです。おっしゃる通りです!!!

以下、西野さんの言葉を引用。

 

 

誕生日プレゼントに1万円を貰ったら、たしかに便利ではあるのですが、しかし、そのプレゼントには時間が費やされていないので、少し寂しい気持ちになります。

この問題を解決する答えは一つで、

『プレゼントするお金に時間を乗せる』

です。

プレゼントするお金に、相応の時間がかかっていることが可視化されれば、そのお金には体温が宿り、気持ち良く受けとることができます。
贈る側も気持ち良く贈ることができます。

そこで、「プレゼントするお金に時間をかける装置」を考えてみました。
『レターポット』です。

 

 

 

 

ということなのです。

弊社社長の広江をはじめ、この思い・システムに共感した我々は

このレターポットでお礼状を送りたいと思いました。

 

レターポットについてもっと知りたい方は、webで検索してみてください。

新しいシステムですが、たくさん記事もありますし西野さんご本人もたくさん語られています。

私がこれ以上長々と語るよりも、色々な目線から書かれた面白い話がたくさんあると思います。

 

レターポットの公式ページはこちら

 

 

 

smør のプロジェクトも引き続き、よろしくお願いします!!!

「ココロと髪の栄養分。」肌にも使えるスタイリング剤『smør;スメール』

 

LABELS

関連するBLOG